遺言書について相談したい・相続問題について相談したい。このようなお悩みの方はぜひ相談して下さい。遺言・相続問題には必ず法律の専門的な知識が必要になります。

遺言書について相談したい・相続問題について相談したい。このようなお悩みの方はぜひ相談して下さい。遺言・相続問題には必ず法律の専門的な知識が必要になります。

MENU

お役立ちリンク

  • 一般社団法人 相続遺言あんしんネット
  • 日本司法書士会連合会

対象エリア

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県

就業規則作成

未払い残業代請求を防ぐために

貴社の就業規則…大丈夫ですか?

例えば…

  1. 市販の書籍やネット等の雛形を使っている
  2. 何年も前に作成・提出したまま放置されている
  3. 従業員への周知がされていない
  4. 高年齢者、育児・介護休業者等、現行の制度に対応した諸規定がない。
  5. 就業規則に関し、従業員と何かしらのトラブルにあったことがある。
    (採用・退職時・労働時間に関すること等)
  6. 社内で見直し・整備を行ったが、法的に問題ないか、
    これで労務トラブルに対応できるのか等不安な点が多い。
  7. 従業員も満足できるような(モラル向上につながる)就業規則を作りたい

就業規則は労働者保護のためのもので、社員への説明も面倒だから作りたくないと思われている経営者様、実はこれは半分は正しいのですが、半分は間違いなのです。

就業規則は作り方次第で、会社を守るための非常に重要なものとなります。

労使トラブルが増加している中で、「うちの会社は大丈夫だろう。」と過信していると、ある日突然トラブルが・・・ということも少なくありません。何ら策を打たれていないのであれば、それはあまりにも無防備ということになるでしょう。

とはいえ、必要以上に経費をかけたくないと、市販されている書籍などの就業規則のサンプルなどでまかなってしまうと、かえってに会社にとって不利になってしまうことも多々あります。

会社にあわせた就業規則を作成し、社内の仕組みをしっかり整備することで、未然にトラブルを防いだり、もしトラブルになった際も一方的に不利な状況にならず解決することが可能となります。

「うちの就業規則は大丈夫だろうか?」と思われた経営者様、まずはご相談ください。

当事務所では、無料で就業規則のご相談や診断を行っております。お気軽にメール、お電話ください。

Copyright © 2017 司法書士法人さつき法務事務所 All Rights Reserved.

〒540-0037 大阪市中央区内平野町1丁目3番12号ajディナスティ大手前ビル401,TEL : 06-6940-4115  FAX : 06-6940-4125

ページの先頭へ戻る

お役立ちリンク

対象エリア

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県