遺言書について相談したい・相続問題について相談したい。このようなお悩みの方はぜひ相談して下さい。遺言・相続問題には必ず法律の専門的な知識が必要になります。

遺言書について相談したい・相続問題について相談したい。このようなお悩みの方はぜひ相談して下さい。遺言・相続問題には必ず法律の専門的な知識が必要になります。

MENU

お役立ちリンク

  • 一般社団法人 相続遺言あんしんネット
  • 日本司法書士会連合会

対象エリア

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県

過払い金返還請求

過払い金とは

過払い金とは文字通り払いすぎた金銭のことを言いますが、特に、利息制限法の定める利率を超える高利の借入れをした借主が、本来、借入金の返済は終わったのに返済を続けたため払いすぎた金銭のことを言います。

なぜ「過払い金」が発生するのか

実は近年まで、利息については2つの法律「出資法」「利息制限法」がありました。それぞれの法律で決められた上限利息は、

  • 出資法:29.2%
  • 利息制限法:15~20%(貸付の額により異なる)

のように異なっていたため、違法性のあいまいな「20~29.2%」という高い利息「グレーゾーン金利」が存在していました。

グレーゾーン金利

例えば、10万~100万円の年利は18%が上限ですが、数年前までは約28%の年利が普通でした。過去に18%を超える利息を払っていた人は、その払い過ぎ分を返してもらえることになります。

グレーゾーン金利の違法性

グレーゾーン金利は、2006年1月に最高裁で「無効である」という判決が下されたことにより、その違法性がはっきりと認められました。

つまり、法定利息(15~20%)を超える利息は「払い過ぎ」として金融業者から取り返し、借金を減らすことができます。払い過ぎ利息が残元本を上回っていた分は「過払い金」となり、業者に返還を求めることでお金を手元に戻すことも可能です。

まずは司法書士法人さつき法務事務所までご相談ください。

Copyright © 2017 司法書士法人さつき法務事務所 All Rights Reserved.

〒540-0037 大阪市中央区内平野町1丁目3番12号ajディナスティ大手前ビル401,TEL : 06-6940-4115  FAX : 06-6940-4125

ページの先頭へ戻る

お役立ちリンク

対象エリア

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県